ヒゲの脱毛で除毛や抑毛というのは?経過はどう違うの?

ヒゲの脱毛といってもいろいろな捉え方・考え方があります。

経過観察は同じでも除毛や抑毛と永久脱毛とは少し異なります。

概要を説明しておきましょう。

▼一時的な除毛でもいいという男性に。

ヒゲの脱毛の種類を「除毛」、「抑毛」、「半永久脱毛」などと呼んだりする人がいます。

除毛や抑毛は一時的にヒゲを薄くする、あるいは脱毛に近い状態にするもので、一定の期間が経過すればまた生えてくることを前提としています。

ヒゲは毛根にダメージを与えることで、一定の期間はなくなりますが、ヒゲをつくる毛乳頭組織は生きているので、半年ほど経過するとまた生えてきます。

美容系サロンでの発毛率はほぼ100%です。

表現としては「除毛」、「抑毛」が当てはまります。

▼永久脱毛でないとダメだという男性に。

永久脱毛ができるのはいまのところ医療脱毛だけです。

医療レーザーがなぜ永久脱毛を可能にするのかといえば、出力の違いです。

ピンポイントで脱毛箇所にのみ集中的にレーザーを照射し、毛母細胞そのものを破壊させます。

それでも再生率はゼロではないので、再生してきたヒゲは経過を観察しながら何回か通院し、再び脱毛することになります。

さらに脱毛はヒゲの成長期のみに有効となるため、経過観察を含めると2カ月に一度のペースになります。

▼医療レーザーでも美容系サロンのレーザーでも経過観察や期間に大きな違いはありません。

痛みが嫌な人はサロン系で試しましょう。

脱毛をどこで行なうか、選び方は人によってさまざまです。

永久脱毛がいいとは限りません。

ゆったりした気分でメンズエステのプログラムを楽しみ、その一環としてヒゲの脱毛にトライしてみるという考え方もアリです。

医療脱毛での痛さを経験した人が、途中からサロンに切り替える事例もあります。

この記事はヒゲの除毛と脱毛に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。