ヒゲを医療脱毛したが、経過が悪いのは医師のレベルが低いから?

ヒゲの脱毛の経過が良くないのには、医師の技術的レベルにも一因はありますが、臨床の時点ではじめてわかる本人の肌の状態にもあります。

一例をあげましょう。

▼脱毛メインのクリニックは医師のレベルも高い。

ヒゲを医療脱毛した男性の中には、カウンセリング時に言われた標準的な経過よりも、自分の脱毛経過が思わしくなく、医師のレベルに疑いをもちはじめる人もいます。

たしかにヒゲの脱毛をメインにしたクリニックの医師のレベルは高く、脱毛効果も良いという口コミはあります。

またヒゲの脱毛時に起きる痛みも極限まで軽減させてくれるという評判のいいクリニックもあります。

しかし経過が悪いのは必ずしも医師のレベルだけではないことを知っておくべきです。

▼経過はヒゲの状態や進捗度合いで変わっていく。

脱毛の経過は医師のレベルだけではなく、本人のヒゲの状態や脱毛範囲などでも変わってきます。

カウンセリング時の回数や経過は、施術前の目安でしかありません。

実際には脱毛をすすめる中で、医師が現状判断し次のステップを決めていきます。

①思った以上にヒゲの密度があり、1回のレーザー照射で除去できるヒゲの量が少なかった。

②本人の肌荒れがひどくレーザー照射の際の痛みが強かったため、脱毛の範囲を狭め回数を増やすのが最善と考えた。

▼脱毛の経過が良くないのは、必ずしも医師のレベルだけではありません。

施術の際の本人に対する見極めにもよります。

どんな医師でも、できるだけ経過をよく導いて回数を減らし、利用者の満足度をアップさせたいと考えています。

しかしイザふたを開けてみると、思った通りには行かない状況が横たわっているのが臨床の現場。

医師はそれでも、利用者にとってもっとも負荷の少ない最短のルートを探っているものです。

この記事はヒゲの脱毛は経過観察が大事に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。